京都府八幡市|アロマボディトリートメント&カウンセリング|プライベートサロン【アンブレラ】

京都府八幡市|アロマボディトリートメント&カウンセリング|プライベートサロン【アンブレラ】

2021.10.20 Wednesday

Blog

2021-10-11 09:17:00

本音がわからないときは

こんにちは。アンブレラのハルカです。

 

少し前に観た「ミスティ」という韓国ドラマで主人公の元カレが

 

「気にするな、みんな自分の人生を生きているだけだ。」というセリフが印象的だったのだけど。

 

人はみんなひとりひとりがヒーローでヒロイン。

 

どんなストーリーを生きるかは自分次第だから、悲劇のヒロインよりも幸せなストーリーを生きるヒロインのほうがいいよね。

 

 

 

でも時々は悲劇のヒロインを演じてもいいのかもしれないと思っています。

 

「いい人、優しい人」でいたくて、自分の気持ちを長い間抑えているよりも

 

「悲しい、辛い、キライ、ムカつく」という感情を出して、泣き喚いたほうがずっと人間らしい。

 

 

 

その「悲しい、辛い、キライ、ムカつく」という感情の裏に

 

「本当はわたしはこうありたい、こうしたい」という本音が隠れているものだと思います。

 

 

 

それを自分自身が気づいて、受け止めてあげることが幸せへの近道です。

 

 

 

なかなか自分のやりたいことや好きなことがわからなかったり

 

人間関係のモヤモヤが続いている時って自分の本音に気づいていない時ですよね。

 

 

 

自分の心の奥底のモヤモヤを吐ききって、それを自分が受け止めてあげた時に

 

「わたしらしさ」が見えてくる気がします。

 

 

 

かくいう私も、自分の気持ちを最後の最後まで抑えすぎて爆発して後悔するタイプでしたが

 

出し切った後に見えてくるものを受け止めるようになってからは

 

その都度楽になれるようになりました。

 

 

 

なかなか自分の本音を出せない、わからないという方は是非是非、カウンセリングやアロマトリートメントを受けてみてくださいね。

 

 

2021-09-17 09:16:00

自分のことが嫌い・わからない、もう一つの理由

こんにちは。アンブレラのハルカです。

 

自分のことが嫌い・わからないのは、小さいころから自分の感覚やニーズを抑えてきたからだということは

 

こちらのブログで散々書いていますが。

 

 

 

自分のことが嫌い・わからない、もう一つの理由を今日はお話したいと思いまうす。

 

これはカウンセラーの勉強をしていた時に、なるほどなと思ったので是非シェアしたかったんです。

 

それは、「ひとりの時間がない」です。

 

 

 

ひとりの時間がない?!そんなことない、いつもひとりで悩んでいるよ。と思いましたか?

 

私も悩んでいる時は、いつもひとりぼっちの気がしていました。

 

でもちょっと視野を広げてみてください。

 

 

 

日常には沢山の「ノイズ」があります。

 

ある人からの「こうしたほうがいいんじゃない?」という他者目線のアドバイス。

 

テレビから流れるニュースやゴシップ、悲しい出来事。

 

SNSを開けばすぐに見ることができる他者の日常。

 

誰とでもすぐに連絡をとれるメールやスマホ。

 

 

 

自分だけの空間だけと思っていても、そこには必ず、他者の空間が存在していますよね。

 

 

 

コロナで外出や、人と集まることが制限されている今

 

「誰かと繋がる手段」はいっぱいあって、それは本当に便利だなと思うのだけど

 

他者との時間よりも自分だけの時間も必要だと私は思っています。

 

 

 

スマホやテレビと離れて、本を読んでみるとか、日記をつけてみるとか。

 

そういう時間って、「わたし」を育てる。

 

誰にも邪魔されない「わたし」との時間。

 

 

 

私もこの前、午前中いっぱい使って

 

久しぶりに好きな本を一気読みしました。

 

吉本ばななさんの「違うこと」をしないこと。

 

自分を見失いそうなときに、自分を取り戻せる。そんな一冊です。

 

 

Instagram-image

 

 

 

自分のことが嫌い・わからないのは、小さいころから自分の感情やニーズを抑えてきたからだとわかっても過去は変えられない。

 

そうだったんだ、そうだな。って納得出来たら

 

これから自分の感情やニーズを少しずつ、本当に少しずつ表現して受け止めていきましょうね^^

 

 

 

 

2021-09-09 12:30:00

向き合えば向き合うほど良くなっていく

こんにちは。アンブレラのハルカです。

 

1ヶ月ほど、悩みに悩んで購入したデスクが届きました♪

 

こちらのスペースでカウンセリングや施術後のお話をするのが楽しみです。

 

011a6241be3d1bf9d31f0946c7a5071691378f23a5.jpg

 

 

今日は半年ほど通っていたカウンセリングのレッスンでのお話を。

 

カウンセリングのレッスンでは、クライエント役とカウンセラー役に分かれて受講者同士でセッションをしあうのだけど

 

自分自身がクライエント役になることで、これでもかというほど(?)自分自身と向き合うことができます。

 

カウンセラーとの対話の中で溢れてくる自分の想いに、時には泣いたり、怒ったりしながら自己理解を深めていきました。

 

 

 

そのレッスンの後半、ある60代の女性が「最近旦那さんとの関係が良くなった。」と仰っていました。

 

「聴く」というレッスンを続けていると、これまでは聴けなかった旦那さんの話を聴くことができるようになって、旦那さんの優しさに気がつくことができたんだそう。

 

 

「聴いてもらえる」という体験もたくさんすることで、普段我慢していた気持ちとか想いなどを吐き出すこともたくさんできたからなんだとか。

 

 

 

「話すこと」は「放すこと」なので、ちゃんと自分の気持ちを吐き出せることで、心にはちゃんと余裕ができます。

 

余裕があるから、相手の話も聴けるものだと思っています。

 

 

 

 

自分の気持ちを聴いてあげられるから、相手の気持ちも聴いてあげられるのです。

 

自分に優しくできるから、相手にも優しくできるのです。

 

 

 

自分と向き合えば向き合うほど、相手との関係性は良くなっていく。

 

 

 

私も自分と向き合えていないときは、パートナーシップは全く上手くいきませんでした。

 

パートナーに対して「察してよ!!!!」が強かったんですね・・・。

 

その「察して!!!!」を自分に向けてあげると

 

自分がどうして欲しいのかが見えてきます。

 

 

 

 

ずっと自分の気持ちを抑えてきた人は、それが本当に難しくて

 

私も未だに言えない星人なので、時々「察してよ!!!!」と思ったときは

 

独りで壁を作ってブスッとしておりますが、ちょっとずつ向き合っております。

 

 

 

 

一緒に頑張りましょ♡

 

 

2021-09-03 11:22:00

セルフケアの前にすること

こんにちは。アンブレラのハルカです。

 

Instagramにて「セルフケアが苦手な人」についてアップしました。

 

Instagram-image

 

 

ブログでは「セルフケアの前にすること」を。

 

セルフケアが苦手な人は

 

周囲に移る`わたし´ばかりが気になっている人。

 

こうするべき・ああするべきに囚われて`わたし´を見失っている人。

 

 

 

そして

 

`わたし´自身を大切に思えない人。

 

 

 

セルフケアって自分の為に、自分でするケア。

 

自分のことが大切だからこそできるものだと私は思っています。

 

 

 

子供の頃から周りの状況に敏感だったり、周りに合わせてばかりいないといけなかったのなら

 

自分のことは後回しになってしまいますよね。

 

それをずっと続けていたら、自分のことを大切に思えないのは仕方がないです。

 

 

 

自分の「したい」を抑えているので

 

セルフケアさえも「しなければならない」となって

 

できない自分を責めてしまうかもしれません。

 

 

 

だからセルフケアも無理してしなくていいです。

 

「しない」こともひとつのセルフケア。

 

 

 

そう考えたら楽ではないですか??

 

 

 

セルフケアをやる前にすることは

 

それが「しなければならない」となっていないか確認すること。

 

そして「なぜそう思うのか」、私のココロに聴くことです^^

 

それができたら「もし自分のことを大切に思うのならどうする?」を聴いてみてください^^

 

 

 

 

 

 

 

2021-08-28 11:20:00

小さいわたしが大人のあなたに叶えて欲しいこと

こんにちは。アンブレラのハルカです。

 

いいお天気が続きますね。

 

サロンから見える竹林。とてもすがすがしいです^^

 

0166771ff062b20b2dd34fc518ce13a5011902897b.jpg

 

 

小さいわたしが大人のあなたに叶えて欲しいこと。

 

それは

 

大人のあなたを苦しめる考え方です。

 

 

 

他人本位の考え方を、少しでいいから自分に向けて欲しい。

もう少し自分本位になって欲しいのです。

 

 

自分本位のAさん

 

綺麗な部屋や美味しいご飯が好きで、その空間と時間をパートナーと共有したいと思っています。

 

だから掃除も料理も自分なりに一生懸命頑張ります。

 

でも疲れている時は手を抜くし、パートナーにもお願いできる。

 

今日のご飯の味がちょっと辛かったら(失敗したら)、パートナーと一緒にどうすればもっと美味しくなるのか話し合うことが出来ます。

 

 

 

他人本位になってしまうBさん

 

掃除も料理も完璧にやらなければならないと思っていて、もしできなければパートナーに嫌われてしまうと思っています。

 

だから疲れていても手を抜くことをしません。パートナーにお願いすることもできません。

 

今日のご飯の味がちょっと辛かったら(失敗したら)不安で不安で溜まらず、パートナーに誤ってしまいます。

 

 

 

 

他人本位のBさんを苦しめる考え方。

 

それは「完璧でなければならない。完璧な時だけ私はOK。完璧でなければ私はOKではない。」です。

 

完璧でない時、その考え方に従って自分自身を責めてしまいます。

 

いつの頃からか、そういうメッセージを自分の中に取り込んでしまったんです。

 

小さかったわたしは、そうすることしか出来なかったから。

 

 

 

Bさんの中の小さいわたしは、大人のBさんにこう言って欲しいんです。

 

「失敗しても大丈夫。よく頑張った。目の前のパートナーを信じてお願いしてみて欲しい。」

 

 

 

自分の中の「しなければならない」という考えを「したい」に変えて欲しいのです。

 

 

 

自分本位って自分勝手じゃないんです。

 

 

 

 

あなたの「したい」は何ですか?

 

「しなければならない」と思っていることはどんなことがありますか?

 

良ければ教えてください。Lineのメッセージでお待ちしています。

 

このブログで共有したいと思っています^^

 

 

 

友だち追加

 

(ID: @607rxzcz) 

 

 

 

 

 

 

 

 

1 2