京都府八幡市|アロマボディトリートメント&カウンセリング|プライベートサロン【アンブレラ】

京都府八幡市|アロマボディトリートメント&カウンセリング|プライベートサロン【アンブレラ】

2021.09.24 Friday

Blog

2021-08-25 09:05:00

小さいわたしの声を聴く手がかりは日常に|びくびく編

こんにちは。アンブレラのハルカです。

 

ラブストーリーは突然にみたいなタイトルだと思ったのは私だけでしょうか。

 

いたって真面目なので、今日もお付き合いよろしくお願いします。

 

Instagramにて、セラピストが感じるアロマからのメッセージをお伝えしています。

 

あなたにぴったりの精油が見つかりますように。

 

アンブレラのアロマな話

 

Instagram-image

 

 

 

昨日の記事では

 

あなたがこれから幸せな人生を歩いていくためのカギは「小さいわたしの声を聴く」。

 

その為には「親子関係」を振り返ると書きました。

 

でもですね、親子関係を振り返るということは結構デリケートだし難しいの。

 

なので、ここでは日常で見つけられる「小さいわたしの声」をご紹介していきますね。

 

 

 

それは日常の対人関係。

 

特にパートナーとの関係がわかりやすいかもしれません。(パートナーがいない人は過去のパートナーで考えてみてくださいね。)

 

 

自分のことが嫌いなのは、あなたがあなたのことを「ありのままでいい」「わたしはわたしでいい」と思えないから。

 

そう思える経験をできなかったから。だと思うんです。

 

そんなあなたの小さいわたしをここでは「びくびくちゃん」と呼ぶことにします。

 

ではいきますね。

 

 

 

びくびくちゃんの声を聴けていないAさんがいたとします。

 

Aさんは明日仲の良い友達と映画を観に行く約束をしていました。1カ月ほど前からの約束。

 

「明日は楽しみだな~」と着ていく服を選んでいると、突然彼からの連絡がありました。

 

「明日予定が空いたから、どこかへ行かないか。」と。

 

その時Aさんはどうしたでしょう。

 

友達の約束をキャンセルして、彼と会うことにしました。

 

でも(ここからが大事!)何故だかモヤモヤしています

 

この「モヤモヤ」がびくびくちゃんの声なんです。

 

びくびくちゃんのはこう思っています。

 

 

明日はずっと楽しみにしていた友達との映画だったのにな。

 

でも忙しい彼が私の為に時間を作ってくれたのに、それを断ったら嫌われるかもしれない。

 

びくびくちゃんは嫌われることを恐れて、自分の感情やニーズを抑えて、パートナーの感情やニーズを優先します。

 

 

 

びくびくちゃんは「ありのままのわたしでいい」と思いたくても、そう思えるような経験をしていないので

 

なかなか自分の感情やニーズを優先することができません。

 

でも本当は友達との映画に行きたかったんです。

 

 

 

 

それを大人のあなたが叶えてあげられると、びくびくちゃんはどんどん笑顔になっていきます。

 

そうすると、あなたの中の「モヤモヤ」は「ワクワク」へと変わっていきます。

 

 

 

そのあなたの相手を優先する優しさはあなたの大切な個性です。

 

でもその役割にばかり縛られてしまうと、あなたの中のびくびくちゃんは笑顔になる時を失ってしまいます。

 

あなたの中の小さいわたしを笑顔にすることを優先してみてくださいね^^

 

その行動を起こせなくても、小さいわたしの声に気づくということが第一歩です。

 

あ~こんな風に思っているんだな~というくらいに

 

日常の対人関係を通して「小さいわたしの声」を聴いてあげてください。

 

そしてどんな感情も感情です。

 

良い・悪いはないということを前提に、まずは気づくこと♪

 

 

ではまた

 

【小さいわたしシリーズ】

その1|小さいわたしと私の関係

その2|小さいわたしの世界観