Information

2019/06/09

30代のイライラ、疲れ、ほてりは更年期⁇

まだまだ紫陽花祭りやっております。

 

20代、30代でのイライラや疲れやすさ、ほてりなどの「更年期に起こる不調」と似た不調が強く出るときに、もしかして更年期かも⁈って思うことありませんか?実際に若年性更年期障害という言葉まであるくらいですし。(そもそも若年性更年期いう医学用語はないとか。)

 

その時に、更年期と呼ばれる世代と同じケアをする、、、それは正解でしょうか。

 

答えは”no”。

女性ホルモンの不調の原因は年代が違えば原因も違います。

 

更年期世代の不調の原因は基本的に「加齢による卵巣機能の低下。」

それに対して、20代、30代はストレスや心身の疲労、身体の不調が原因で脳からの卵巣への指令が滞ることで起こります。

 

ですので、同じケアをしましょうというわけにはいきません。

もし20代、30代(~40代前半。非常に個人差がある気がします)で更年期のような不調があるということであれば、まずは月経周期のどの時期(生理1日目から数えます)でその不調があるのかを観察してみてください。

 

それが、生理前だとすればPMSという可能性も。

PMSか、安心だ。とせず、それも身体からのサイン!無視しないでくださいね♡

そしてサロンへご相談ください。

 

あまりにひどいという場合は、まずは婦人科を受診。思わぬところに原因があるっていうこと、実際にあります。

あなたの身体を整えるのはあなた自身です^^

 

そんなお話を含めたお話会も開催します↓↓

01799b384aa3ff45bd2ae84cabd6337f20075d507e.jpg